飲食人大学

blog

年収1000万円以上稼げる職業15選|活躍の幅や未来の選択肢を広げよう!

年収1000万を狙いたい!職業の選択肢は?

「高収入」「安定した生活」「人の役に立つ仕事」「自己成長」「福利厚生が良い」など、仕事に求めることは人それぞれ異なります。物価高、老後の資金など将来を考えると、収入面も重要な要素と考える方も多いでしょう。年収1000万円を狙って余裕のある生活をしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。今回は、年収1000万円を稼げる職業やインセンティブを得て年収1000万円を狙える職業を紹介します。年収1000万円を稼げる仕事にはどのような特徴があるのかも紹介しますので、キャリアプランを立てる際に参考にしてください。

年収1000万稼げる職業15選

年収1000万円を稼げる職業としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 医師
  • 弁護士
  • 公認会計士、税理士
  • 大学教授
  • 航空機操縦士
  • テレビ局の社員
  • 施行管理技士
  • 国会議員
  • 経営者
  • 記者
  • アクチュアリー
  • 漁師
  • 外交官
  • 金融アナリスト
  • 海外勤務の寿司職人

ここでは、年収1000万円を目指せる職業を15種類紹介していきます。年収1000万円を稼いで余裕のある生活をしたいと考えている方は、今後のキャリアプランの参考にしてください。

医師

病院やクリニック、診療科、勤務地域などによって収入に違いはありますが、年齢が上がりキャリアを積み重ねることで年収が1000万円以上になる職業です。医師になるためには、大学の医学部や医科大学で6年間学んだ後、国家資格を取得する必要があります。資格取得後、実際に病院で研修医として臨床研修を2年間行うと、患者に対して医師として医療行為ができるようになります。

医師になってからも新しい知識や技術の習得のため、継続して学び続けることが必要です。年収1000万円を狙える職業ですが、肉体的、精神的にハードな職業のため、オンとオフを切り替えられ、向上心や体力のある人が向いているでしょう。

弁護士

弁護士は、資格の難易度から狭き門といえますが、年収1000万円以上の高収入を目指せる職業です。法律の専門家で、司法試験に合格し1年間の司法修習が必須となります。弁護士として勤務できるようになると、大手事務所の場合は20代のうちから年収1000万円の高収入も珍しくありません。事務所によって収入が異なるため、年収1000万円以上を希望する場合は、地域や規模、取り扱っている案件などを確認しながら探すといいでしょう。

案件によって成功報酬があるため、独立開業している弁護士は、案件数や案件の内容によって年収に差が出ます。年収1000万円の人もいれば、年収が億単位になる人もいるため収入に幅がある職業です。弁護士には定年退職制度がなく、健康であれば高齢でも働くことができるため、年収1000万円の収入に届かなかったとしても生涯収入が高い傾向があります。

公認会計士・税理士

公認会計士とは、監査、会計の専門家で、監査業務を独占業務とし、会計や税務、コンサルティングなどを行う職業です。年齢、性別、国籍問わず、資格試験を受験することができます。医師、弁護士の資格と並び三大国家資格の1つといわれ、受験の難易度は高いでしょう。試験に合格した後、業務補助、実務補習、修了考査へ合格をすると公認会計士として登録ができます。

税理士とは、税金の納付や申告に対して、税務や会計業務を行う職業のことです。税理士試験に合格した後、会計に関する事務の実務経験を2年以上積むことで、日本税理士連合会へ登録でき、税理士と名乗ることができます。

資格取得の難易度は高いですが、年収1000万円以上の高収入を狙えます。働き方によって収入は異なりますが、規模の大きい事務所や企業では、勤務し任される業務が増えることで収入にも反映され年収1000万円以上を目指せるでしょう。

大学教授

大学教授も年収1000万円以上を狙える職業です。大学教授は、小学校や中学校の教師とは異なり、教員免許が必要ありません。代わりに、大学の専門的な授業を行うための深い専門知識が求められます。必須の資格はありませんが、高い専門知識が必要になるため、大学卒業後に大学院に進み修士号、博士号を取得する流れが一般的です。助教や助手として採用され、講師、准教授、大学教授とキャリアアップしていくことが可能です。キャリアアップのためは、論文の提出や研究に加え、授業や事務作業も並行して必要であるため、計画的に時間を使えるといいでしょう。

規模の大きい私立大学などでは、年収1000万円を超えることもあり、地域や学校の規模によっても収入は異なります。一般企業に比べるとボーナスが高額となる傾向があります。

航空機操縦士

航空機操縦士になるためには、航空従事者技能証明(ライセンス)の取得が必要です。ライセンスを取得した人を航空従事者といい、操縦士(パイロット)を目指す場合は、「定期運送用操縦士」「事業用操縦士」「自家用操縦士」の3つの資格を取得する必要があります。

大手航空会社では、年収1000万円以上が平均となっており、資格取得の難易度の高さ、責任の大きさはありますが年収1000万円を狙える職業です。副操縦士や機長になると手当も大きくなります。定期的に身体検査が行われ、常に健康管理に気を付ける必要があります。

テレビ局の社員

大手テレビ局の社員は年収1000万円を目指せる職業で、大手テレビ局では30代、40代で年収1000万円を超えることも珍しくありません。地方局では大手に比べると年収は下がるものの、地域の中で比べると年収は高い金額といえます。テレビ局社員にはいろいろな職業があり、職業やポジションによっても年収は異なります。年収に差はありますが、大手企業のため福利厚生の充実や賞与もあり、安定した生活が送れるでしょう。

施工管理技士

施工管理技士とは、工事が円滑に進み計画通りに終えられるように管理する職業です。施工管理技士は、建設業法で定められた国家資格で、取得すると給与アップ、キャリアアップ、「監理技術者」「主任技術者」「専任の技術者」になれるなどのメリットがあります。

施工管理技士は無資格でも勤務できますが、国家資格を取得することでキャリアアップしやすくなり、年収1000万円以上を狙えるでしょう。建設業界は、企業の規模によって収入に差があります。年収1000万円以上を狙うなら、大規模な案件を取り扱っている大手ゼネコンなどへの就職を目指すといいでしょう。

国会議員

国会議員は年収1000万円以上を狙える職業です。法律で給与が定められ、年収が2000万円近くになるケースもあります。ただ、この給与の中から事務員やアルバイトの人件費なども自身で支払うため、実際に受け取る金額はもう少し下がるでしょう。

選挙で当選することで、国会議員として活動できます。日本国民であり、衆議院議員は満25歳以上、参議院議員は満30歳以上の条件をクリアしていれば、特別な資格がなくても選挙に立候補できます。政治塾に入ったり、議員秘書になって勉強したり、地方議員からスタートし人脈をつくったり、さまざまな方法で国会議員を目指せます。

経営者

経営者とは、会社の最高責任者として経営に責任を持ち、従業員の雇用を守る役割を持った職業です。会社の方向性や業績は経営者の意思決定によって左右されることもあり、会社の成長に大きく影響します。経営者になるために必要な資格はありませんが、マネジメント、マーケティングなどの経営に関する知識が必要です。

経営者の給与は役員報酬として支払われ、中小企業で年収1000万円以上~3000万円以上、大規模になると年収は6000万円以上になることもあります。会社の経営、従業員の雇用など責任の大きい職業ですが、年収1000万円以上の高収入が狙えます。

記者

大手新聞社に所属する記者は、地方紙よりも収入が高く、年収1000万円以上になるケースもあります。大手新聞社には、事務員やエンジニア、営業などさまざまな職種の人がいますが、記者は昼夜問わず現場に駆けつけるなどの体力的にも厳しい条件から、年収1000万円の高収入が期待できます。

必要な資格はなく、大学や大学院を卒業後、就職する流れが一般的です。記者として経験を積むと、記者のリーダーである「キャップ」、各部署のリーダーとして記者やキャップの記事をチェックする「デスク」、記事のチェックや記者のマネジメントをする「部長」や「編集局長」とキャリアアップでき、年収1000万円を狙えます。

アクチュアリー

アクチュアリーとは、確率論や統計学の手法を使用して、将来の不確定な事象を評価する数理業務のプロフェッショナルです。評価対象としては、年金や保険、企業のリスクマネジメントなど、多様なニーズがあります。数理の力を駆使して、不確定な事象が起こりうるリスクを予測するため、専門性が非常に高く、資格取得の難易度は高いといえるでしょう。収入は年収1000万円以上を狙える職業であり、地域や企業によって収入に差がでるケースがあります。

漁師

漁師は、収入が天候や漁獲量に左右される傾向があるため、安定して毎年高収入を維持できるとは限りませんが、その時々の漁獲量などによって年収1000万円以上を狙うことができるロマンのある仕事です。

各地の漁業協同組合の乗組員として働くのであれば、特別な資格を取得する必要はありません。小型船を使い個人で漁師として活動する場合は、小型船を操縦できる「小型船舶操縦士免許」、海上無線の資格である「海上特殊無線技士免許」、漁をするために必要になる「漁業権」の取得が必要になります。漁業権に関しては、各地の漁業協同組合に加盟し、売り上げの一部を支払うことで取得できます。取得方法は、各地域で異なることがあるため、問い合わせるといいでしょう。

外交官

外交官とは、諸外国との円滑な友好関係を築き国の政策にも影響を与える職業です。国と国、国と人をつなぐため、多様性のあるコミュニケーションが必要になります。外交官になるためには、国家公務員総合職採用試験を受け公務員の資格を取得する必要があります。公務員の資格を取得後、官庁訪問、採用面接を受け合格すると外交官として勤務できます。もしくは、外務省独自の試験である外務省専門職員採用試験に合格して外交官になる道もあります。

外交官は、赴任先の言語の習得が必要になるため、入省後に各国の言語や関連知識を研修を通して学びます。多様な知識が必要となり海外赴任もあるため、年収は高い水準になります。

金融アナリスト

金融アナリストは、証券アナリストともいわれ、主に株価の予測や評価をおこなう金融のスペシャリストです。金融アナリストは深い知識と実務経験や能力が求められるため、新卒で採用されることは少なくなっています。証券会社や金融業界に就職した後、実務経験と実績を積みながら金融アナリストを目指すのが一般的な流れです。

収入は年収1000万円以上の高水準で、実績が伴えば20代で年収1000万円を狙える職業です。実績が評価される分野で必須の資格は特にありません。基本的な知識や技術を取得している証明になる民間資格のCMAを取得する人もいます。

海外勤務の寿司職人

和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、海外で和食に対する評価が高まっています。特に寿司は、海外の人からも人気があり、海外に行くと寿司店を見かける機会が増えています。寿司は日本人が握っていると付加価値がつくため、海外での日本人寿司職人の需要が高まっているのです。年収1000万円を超えるケースもあり、日本人が海外で活躍しやすい職業といえるでしょう。

未経験からスタートでき、外国語を使わずに年収1000万円を狙える職業は珍しいでしょう。短期間で知識や経験を積むことができる飲食人大学があるため、寿司職人は未経験でも働きやすい職業です。日本人のアドバンテージを活かし、年収1000万円を狙いましょう。

インセンティブで高収入が期待できる仕事13選

ここでは、インセンティブで年収1000万円の高収入を期待できる仕事を紹介します。

  • 販売業
  • Web広告業
  • Webマーケター
  • コンサルティング
  • インフルエンサー
  • アフィリエイトブロガー
  • 保険代理店
  • ショッピングサイト運営
  • YouTuber
  • 医療機器の営業
  • 外資系生命保険
  • タクシードライバー
  • 不動産営業

インセンティブによって年収1000万円以上の高収入を期待できる仕事を13種類紹介します。自分の実績が収入に反映される働き方が合う方におすすめの職業です。

販売業

販売業は商材を販売し目標を達成することで、インセンティブを得られる職業です。取り扱う商材の金額によってインセンティブの割合が異なる傾向があるため、高額商材を取り扱っている販売員は年収1000万円の高収入を狙えるでしょう。高額商材を取り扱う場合は専門知識が必要になるケースもあり、情報収集力や信頼を獲得できる対人スキルが求められます。目標達成へのプレッシャーを感じる方もいるかもしれませんが、年収1000万円の高収入を目指せる職業です。

Web広告業

携帯電話で気軽にインターネットに接続できるようになり、新聞などの媒体よりWeb広告を使用して集客、商品PRをする企業が増えています。Web広告市場が成長しているという背景もあり、需要が高まっている職業です。広告主の要望をヒアリングし、目標達成のために戦略を立てます。役職や企業によっても収入は異なりますが、大手企業のWeb広告運用者として勤務できれば実績に応じてインセンティブがもらえることもあり、年収1000万円も狙えます。

Webマーケター

Webマーケターとは、Web上で商品やサービスを効率的に販売できるようにマーケティングを行う職業です。クライアントの要望を確認し、要望を叶えるために最適な内容を企画、提案し、その後の検証まで担当します。

Webマーケターは経験者の方が有利ではありますが、未経験でも採用されるケースがあり、学歴などの条件もない求人が比較的多くなっています。Webマーケターの収入は、インセンティブ制度のある企業もあり、企業の規模や業界によって異なります。専門スキルや実績があれば年収1000万円以上も狙える職業です。

コンサルティング

コンサルティングとは、クライアントの課題を明らかにし、問題解決のために解決策を模索して戦略を立てる職業です。コンサルタントが活躍できるフィールドは多数あります。その中でもITの分野ではニーズが高く、未経験でもスキル次第では雇用される傾向があります。

企業によっても異なりますが、収入は高い水準にあり20代で年収1000万円以上になるケースもあります。外資系企業のコンサルティングは特に高い水準の収入が得られ、年収1000万円を超える傾向があります。実績によってインセンティブが入り、評価に伴って収入も得られる職業です。

インフルエンサー

インフルエンサーとは、SNSやメディアサイトなどの各コミュニティで多くのフォロワーやファンを持った影響力、拡散力のある人のことをいいます。SNSを利用する人が増加し、一般の人も影響力を持つインフルエンサーとして活躍するケースが増えています。美容、グルメ、ファッションなどインフルエンサー個人の目線から紹介した投稿を目にする機会も多いのではないでしょうか。

インフルエンサーを通して商品をPRすることで、企業はターゲット層と商品が合致し効果的に宣伝することができるのです。フォロワーが50万人を超えるインフルエンサーになると、1本の動画広告で10万単位の収入が得られるケースもあります。企業がスポンサーとしてつくこともあり、インセンティブを得ながら年収1000万円の高収入が狙えます。

アフィリエイトブロガー

アフィリエイトブロガーとは、ブログとアフィリエイトを組み合わせ、ブログの中にアフィリエイト用に一つのテーマに特化した内容を書き収入を得る職業です。特化するテーマは、美容品、脱毛、旅行などさまざま。テーマを一つに絞ることで、読者の購買意欲を刺激しやすくなります。サイトを通して商品を購入してもらうことで、インセンティブを得られます。

保険代理店

保険代理店もインセンティブの割合が高い職業の一つです。保険代理店として独立開業することで高収入を目指せます。開業する場合は「専業代理店」「副業代理店」「乗合代理店」の3種類から選び、それぞれ取り扱う商品が異なります。開業後、取り扱いたい商品のある保険会社に連絡をし代理店契約を結びます。

国内大手企業では代理店独立支援を行っているケースがあり、支援を受けながら個人事業主として働くことも可能です。また、外資系企業では特に高い年収を狙えるでしょう。

ショッピングサイト運営

ショッピングサイトを運営することで、インセンティブを得ながら高収入を狙えます。

ショッピングサイトはフロント業務とバックエンド業務があり、フロント業務は商品の企画、仕入れ製造、サイト制作、プロモーションなどがあります。バックエンド業務には出荷や在庫管理などの業務があります。売り上げを増やしインセンティブを得るためには、フロント業務を強化し、ニーズに合った商材選定、集客などを行うことが大切です。

YouTuber

YouTuberになるために必要な学歴や資格は特にありません。YouTuberとして収益を得るためには、YouTubeのパートナープログラムを使う方法と、企業にスポンサーになってもらう方法があります。

パートナープログラムは、チャンネル登録者数1,000人以上や、収益化プログラムを遵守していることなどいくつかの条件があります。企業のスポンサーをつけることや再生回数を増やすためには、YouTuberとしての認知度が重要となり、すぐに年収1000万円の高収入を狙える職業ではありませんが、人気が出ると億単位の収入になるケースもあります。

医療機器の営業

医療機器の営業はインセンティブの高い職業です。会社や取り扱う機器によっても異なりますが、新しい機器が出やすい分野なので営業力によってはインセンティブを得て年収1000万円に近い高収入を狙えるでしょう。営業の対象者が医師などであるため、一般の個人向けとは違った難しさがあります。深い専門知識を持っている人たちを相手に営業をするため、相応の専門知識が必要になります。

外資系生命保険

外資系生命保険は、実力主義でインセンティブの割合が高く、実績次第では年収1000万円以上の高収入を目指すことができる職業です。インセンティブが高い職業といえば、真っ先に名前があがる職業でしょう。

外資系は実力主義の傾向があり、実績がしっかり収入に反映されます。年収1000万円以上、人によっては億を超える収入を狙える職業です。20代でも実績があれば年収1000万円以上を狙えます。バリバリ働いて収入を得ながら成長したい上昇志向の人に向いている職業です。

タクシードライバー

タクシードライバーはインセンティブの割合が高い職業です。会社によりますが、給与形態は、固定給、固定給+歩合制、完全歩合制の3種類に分かれます。固定給+歩合制の給与形態の会社が多く、安定した給与と努力次第で得られるインセンティブがあるため、モチベーションが高まるでしょう。運転スキルや乗客対応力、勤務地によって収入が左右され、都市部では深夜や早朝の時間帯に勤務するタクシードライバーは収入が高い傾向があります。実力のある人は年収1000万円も狙えるでしょう。

経験豊富なドライバーは、適切な交通ルートや接客対応力から効率的に運転する技術があるため、年収1000万円と収入が高くなるケースもあります。新人ドライバーは、勤務しながら経験値を高めていくことが大切です。

不動産営業

不動産営業は実績に応じてインセンティブが発生することがあり、年収1000万円を目指せる職業です。不動産営業では、投資用の不動産、個人向けのマンションや戸建てなどの物件を取り扱い、物件によってインセンティブの割合が異なります。投資用不動産の販売は比較的インセンティブが高い傾向があり、年収1000万円を狙えるでしょう。

給与形態は固定給+歩合制である企業が多く、頑張り次第ではインセンティブを含めて年収1000万円以上の収入をもらえる職業です。20代でも実績があれば年収1000万円以上を狙えます。不動産のインセンティブは5%~20%と会社によって異なり、固定給が高いところはインセンティブの割合が低くなる傾向があるため、自身に合う給与形態の企業を選べるといいでしょう。

高収入な仕事の特徴

ここでは、年収1000万円の高収入な仕事の特徴を紹介します。

  • 高額商材を取り扱う
  • 難易度の高い資格が必要
  • 責任やプレッシャーが大きい
  • 資格以外では、高い対人スキルが必要
  • 常に知識をアップデートする必要がある
  • 社会の形成に深く関わっている

年収1000万円以上の仕事で求められることはさまざま。年収1000万円を超える高収入の仕事の特徴を理解し、自分のスキルや仕事スタイルなどに合うか確認しましょう。

高額商材を取り扱う

年収1000万円の高収入を狙える職業の特徴として、取り扱う商材が高額であることが挙げられます。取り扱う商材が高額の場合、深い知識や資格など専門知識が必要になるでしょう。知識や資格が必要になることがありますが、その分収入に反映される傾向があります。インセンティブのある企業では、高額商材に対するインセンティブの割合が高く年収1000万円以上の高収入につながるケースがあります。

難易度の高い資格が必要

難易度の高い資格が必要な職業は、年収1000万円を超えるような高収入になる傾向があります。資格取得の難易度が高いということは、その分複雑な業務を行う必要があるということ。いろいろな制度や知識、技術を覚える必要があり、その知識や技術を常に更新していく必要があります。資格を取得し採用されてからも、年収1000万円を超える職業は継続した努力が求められるでしょう。

責任やプレッシャーが大きい

年収1000万円を超える職業は、責任やプレッシャーを抱えやすい職業です。人に対して治療を行う医師やたくさんの人の命を預かるパイロットなど、とっさに的確な判断をしなければならない職業では責任やプレッシャーを抱えやすくなります。国を支えるような業務や人の命に携わるような職業は、責任やプレッシャーが大きくなる分、年収1000万円を超えるような高収入になる傾向があります。

資格以外では、高い対人スキルが必要

年収1000万円の職業では資格が必要になるケースが多くありますが、資格以外で必要になるのは高い対人スキルです。年収1000万円以上の高収入の職業は、高い提案力や営業力が必要になるケースがあります。海外で活躍する職業や、高額商材を提案しインセンティブを得る職業は高い対人スキルが求められます。多様な人に対応できるコミュニケーション能力、リーダーシップを発揮することで年収1000万円以上の高収入を得られるでしょう。

常に知識をアップデートする必要がある

年収1000万円を超えるような高収入の職業では、難しい国家資格や専門知識などが必要になるケースがあります。制度の改正や最新技術の開発などに合わせて、常に知識をアップデートする必要があります。そのため年収1000万円を超える職業では、常に学び続ける意欲や向上心が求められるでしょう。

社会の形成に深く関わっている

社会形成に深く関わることも、年収1000万円の職業の特徴です。社会形成になくてはならない職業は責任やプレッシャーを感じる職業ですが、その分年収1000万円を超える高い水準の収入になっています。たとえば外交官や国会議員など国の政策に関係する職業が挙げられます。

年収1000万稼げる仕事に就くなら「飲食人大学」

今回は、年収1000万円以上を狙える職業や、インセンティブを得ることで年収1000万円を目指せる職業を紹介しました。年収1000万円を超える職業には、それ相応のストレスや難易度の高さが伴います。実績を重視する職業もあるため、未経験では採用されにくい傾向もあるでしょう。

その中で、日本人としてのアドバンテージを活かすことで年収1000万円を狙える寿司職人は、難しい資格取得の必要もなく勤務しやすいメリットがあります。飲食人大学では実践的な知識や技術を短期間で学ぶことができ、未経験での勤務でも安心です。年収1000万円を目指したキャリアプランを組む際は、寿司職人も視野にいれるといいでしょう。