飲食人大学

blog

職人仕事の種類を知りたい!女性人気も高い「ものづくり」関連の仕事23選

職人仕事の種類を知りたい!自分でも目指せる仕事はある?

「今の仕事をこのまま続けてもいいのだろうか……」「もっと自分らしさを生かせる仕事がしたい……」。そんな悩みを抱えたことはありませんか?このような、キャリアチェンジやキャリアアップを検討している人におすすめしたい仕事が、職人仕事です。

ものづくり大国である日本で職人仕事のスキルを得ることは、中長期的なライフスタイルの安定にもつながります。今回は、今から目指せる職人仕事を23種類ご紹介します。幅広いクリエイターの仕事について理解し、新しいキャリアのスタートにつなげましょう。

職人仕事とは具体的にどのような仕事?

職人仕事とは、自分の技術を生かしてモノを創り上げる仕事です。職人仕事におけるモノとは、おもに建築・工芸・工業・食品などに関するものが挙げられます。デジタル化が進む昨今では、データとして成果物を作成することも職人仕事に含まれます。

職人仕事に就くためには、独学や現場への弟子入り、専門学校やスクールへの入学などの方法で、知識やスキルを培っていくプロセスが必要です。昨今では最短数ヶ月程度で学べるスクールも充実しているため、社会人でも比較的気軽に職人を目指せます。

ものづくりに向いている人の特徴

ここでは、ものづくりに向いている人の特徴をご紹介します。職人は自分ならではの感性や美的センスが求められるシーンが多い反面、厳格なルールやマニュアルを守る姿勢も重要です。自分が職人・クリエイターに向いているかどうかをチェックし、キャリアプランにつなげていきましょう。

クリエイティブな感性を持っている

クリエイティブな感性を持っている人は、職人仕事に向いている傾向にあります。職人仕事におけるクリエイティブとは、独自性が高く個性的な感性を持っていたり、創造力が高かったりすることを意味します。新しいモノを創り出す能力が高い人は、中長期的にものづくりに対応できる精神を持っているといえるでしょう。

忍耐力・集中力が高い

職人仕事では、高レベルな忍耐力・集中力が日常的に求められます。一つの物事にしっかりと向き合える人や、余計な情報をシャットアウトして仕事に尽力できる人は、職人仕事に向いています。仕事によっては手先の器用さや繊細さが求められるため、集中力を継続させるための身体的なスタミナも必要です。

ルールやマニュアルを尊重できる

職人仕事では、伝統や安全を守るために、ルールやマニュアルを尊重する姿勢が求められます。オリジナリティを発揮するシーンと、ルールを遵守するシーンそれぞれを使い分けることで、社会からのニーズが高い成果物を創造できるのです。

女性人気が高い職人仕事3選

ここでは、女性人気が高い職人仕事を3種類ご紹介します。

  • アクセサリーデザイナー
  • 空間デザイナー
  • イラストレーター

華やかな仕事ではありますが、その裏側には地道な努力の積み重ねがあるものです。それぞれの特徴やポイントをつかみ、女性の強みを生かせる仕事選びにつなげてみましょう。

アクセサリーデザイナー

アクセサリーデザイナーは、指輪・イヤリング・ネックレスなどの装飾品をデザインする仕事です。個人で行うのであれば自分の好きなようにデザインできますが、企業と提携する場合はさまざまなしがらみが発生します。

ブランドのコンセプトや予算、ターゲット層の好み、トレンドなど、幅広い情報を収集したうえでデザインを行います。またアクセサリーに使用する貴金属の相場は日々変化しているため、経済や社会情勢における知見を広げることも大切です。

空間デザイナー

空間デザイナーは、建物の内側・外側の空間をデザインする仕事です。個人宅・店舗・商業施設・イベントスペースなど、仕事によってさまざまな空間をデザイン・コーディネートします。

周りの目を引くデザインにするだけではなく、実用性や安全性、コンセプトなどの要素を調和させる必要もあり、クライアントとのコミュニケーションも大切です。美的感覚やセンスはもちろん、空間認識力や計画力、建築の知識なども求められる仕事といえるでしょう。

イラストレーター

イラストレーターは、さまざまな媒体や空間にイラストを納品し、見る人を楽しませたりクライアントの要望を満たしたりする仕事です。イラストレーターが活躍する領域は広く、ポスター・新聞・ウェブサイト・雑誌・広告・アニメ・ソーシャルゲーム・商品カタログなど多岐に渡ります。

昨今ではデジタルデバイスやソフトを取り入れたイラスト制作環境が一般化しており、作成時の効率性も重要視されています。またイラストレーターの仕事に大きな影響を与えているのが、AIイラスト技術の進化です。イラストレーターが生き残るためには、自身のイラストの個性や、イラストレーター自身のブランディングなどが重視されるでしょう。

IT系の職人仕事3選

ここでは、IT系の職人仕事を3種類ご紹介します。

  • プログラマー
  • システムエンジニア
  • プロジェクトマネージャー

IT系のスキルは、今後の社会でさらに需要が高まることが予想されます。学習過程のなかで将来の可能性が広がるのは、IT系ならではの強みです。

プログラマー

プログラマーとは、プログラミング言語を用いてコンピューターを動かしたり、ソフトウェアを組んだりする仕事です。Webサイト作成・ゲーム作成・社内システムの構築をはじめとする制御系プログラムの作成などが、主な業務として挙げられます。

プログラミング技術は今後もニーズが拡大していくことが予想され、AIに奪われにくい仕事の筆頭といえます。あらゆるサービスや娯楽がデジタル化されていくなかでプログラマ―の注目度は上がっており、現在は子ども向けのプログラミング教室も広く展開中です。

システムエンジニア

システムエンジニアとは、クライアントの要求に対して最適なシステムの開発を行う仕事です。プログラマーとの違いとして、システム設計やプロジェクトリーダーなどの役割も担うことが挙げられます。

しかしなかには、プログラミング作業もシステムエンジニア自身で行うケースもあります。仮に自分がプログラミング作業をしない場合でも、プログラマーやクライアントとのコミュニケーションを円滑にするために、プログラミング言語をはじめとする専門知識の修得が望まれるでしょう。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクト全体の進行を管理する職種です。自身がものづくりに直接関わる機会は少ないものの、予算・品質・スケジュールの管理やプロジェクトの意思決定を行う重要なポジションです。

メインの職人仕事を行うプログラマーやコーダーとコミュニケーションをとりながら、ものづくり全体のプロセスをマネジメントします。チームの人間関係をサポートしたりシステム開発環境を整えたりするなどの方法で、ものづくりと関わる仕事です。

料理系の職人仕事3選

ここでは、料理系の職人仕事を3種類ご紹介します。

  • 寿司職人・和食料理人
  • パティシエ・和菓子職人
  • 調理師

料理系の職人仕事は、専門学校やスクールが充実している点が魅力です。ライフスタイルに合った学習コースを選べるスクールも多いため、希望の仕事を学べる施設をリサーチしてみましょう。

寿司職人・和食料理人

寿司職人や和食料理人は、料理系の職人仕事の代表的な職業です。寿司や天ぷらなどの専門店・レストラン・ホテル・料亭・割烹料理店などで働く他、自身で料理店を開業するケースもあります。

寿司職人や和食料理人になるために、調理師免許は必須ではありません。ただし調理師免許を所持することで、提供できる料理のバリエーションが広がり、昇給につながることがあります。

パティシエ・和菓子職人

パティシエは、ケーキ・クッキー・アイスクリームなどの洋菓子全般を作る仕事です。和菓子職人は、豆類・穀類・寒天などを主材料とし、日本の伝統的なお菓子を作ります。どちらも忍耐力や、美的センスが求められる仕事といえるでしょう。

クリスマスやバレンタインなどの繁忙期には、家に帰れないほど多忙になることもあります。素材や味だけではなく、見た目の美しさや斬新なデザイン性、トレンド感なども求められるため、情報収集が欠かせない職業です。

調理師

調理師とは、国家資格である調理師免許を取得した料理人です。国が認めた料理・調理のプロであり、レストラン・カフェ・ホテル・旅館・病院など幅広い勤務先で働きます。

調理師の仕事は、料理だけではありません。衛生管理や仕入れ、メニュー考案など、飲食店の営業にかかわる多くの仕事に対応する必要があります。

芸術系の職人仕事3選

ここでは、芸術系の職人仕事を3種類ご紹介します。

  • 伝統工芸職人
  • 陶芸家・作陶家
  • 修復家

芸術系の職人仕事では、クラシックな技法とトレンドや感性を組み合わせるためのバランス感覚が重要です。また基礎に忠実であることも、クオリティを高めるための要素です。

伝統工芸職人

伝統工芸職人は、下記のような特徴を持つ工芸品や美術品を扱うスペシャリストです。

  1. 日常生活で使われている
  2. 制作工程のほとんどが手作業である
  3. 高度な技術が必要
  4. 長く受け継がれてきた歴史がある

日本における伝統工芸品は、漆器・陶磁器・金工品・木工品・ガラス工芸・染物・織物・和紙工芸などの他、地域に根付いた人形や筆のような文房具など、多岐に渡ります。昨今では職人の高齢化が課題となっており、若い世代の参入は日本文化の保護に直結します。

陶芸家・作陶家

職人仕事における陶芸とは、土や石を原料に陶磁器を作ることです。芸術性が高い陶芸作品を作る職人は陶芸家、伝統工芸を追求する職人は作陶家(さくとうか)と呼ばれます。陶芸職人として仕事をするためには工房が必須であり、自宅兼工房や店頭兼工房などの形で建設します。

陶芸職人は個人で作品を生み出すだけではありません。陶芸教室の講師をしたり、窯元の依頼を受けて作品を納品したりするなどの方法でも収益を得られます。スキルや状況によっては、正社員として雇用されながら働くことも可能です。

修復家

修復家とは、劣化した絵画や彫刻などの修復作業を行う仕事です。年代が古くなって色褪せた作品や、破損・消失した作品などの修復を行います。修復する作品のカテゴリーによって収入が変動し、美術工芸品や寺社の修復などの場合は比較的高収入になります。

美術品の修復は、芸術作品を未来に届けるための重要なプロセスです。元々の作品の美しさや形態を損なわず、次世代につなげるための耐久性を取り入れるためには、高い技術と幅広い知識が求められます。

クリエイティブ系の職人仕事3選

ここでは、クリエイティブ系の職人仕事を3種類ご紹介します。

  • フォトグラファー
  • 動画クリエイター
  • 作詞家・作曲家

現代は、自身の創作物を手軽にインターネット上に発表できる時代です。昔よりも収入を得られる手段が増えているため、ビジネスプランとやり方次第では初心者でもすぐに収益を得られるでしょう。

フォトグラファー

フォトグラファーは、撮影した写真を提供することで収入を得る職業です。カメラマンとほぼ同義ですが、カメラマンは動画を撮影するケースもあるため、写真に限定した職人・表現者という観点では、フォトグラファーの表記が正しいといえます。

フォトグラファーとして生計を立てるためには、一般的な写真技術が高いだけでは不十分です。美意識やセンスを磨いたうえで、アイデアや感性を表現するためのハイレベルな知識が必要になります。また昨今ではデジタルカメラでの撮影が多いため、編集ソフトを使いこなすための技術も求められます。

動画クリエイター

動画クリエイターとは、日常で目にする動画を作成する仕事です。コマーシャル・広告・セミナー・Webドラマ・プロモーションビデオ・ミュージックビデオなど、幅広い領域にて活動のチャンスがあります。

昨今ではYouTubeをはじめとする動画投稿プラットフォームが充実しているため、動画クリエイターのニーズは高まっています。ただし、メディアにおける動画クリエイターの仕事はプラットフォームに依存するため、適応力やデジタル技術の進化に応じた新しい知識の習得などが求められるでしょう。

作詞家・作曲家

作詞家や作曲家は、アーティストのために作品を提供する仕事です。音楽事務所や芸能プロダクションに就職するケースもありますが、仕事を始めたばかりの頃は、フリーの作詞家・作曲家として歌詞や曲を提供したり、コンペに応募したりするのが一般的です。

活躍するためには、当然ながら語彙力やメロディーなどにおける引き出しの多さが必要になります。またアーティストのイメージや音域を理解したうえで、魅力をさらに引き出すような作品づくりが求められます。変化し続ける音楽トレンドに対応するため、常に最新の流行を追い続けることも大切です。

デザイン系の職人仕事3選

ここでは、デザイン系の職人仕事を3種類ご紹介します。

  • グラフィックデザイナー
  • Webデザイナー
  • ブックデザイナー

デザイン系の仕事では、自身の技術やセンスと同様に「クライアントのニーズに応える能力」も求められます。一方通行な表現になってしまわないために、コミュニケーション力やリサーチ力が必要な職業です。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーとは、広告や宣伝などに用いるためのデザインを制作する仕事です。イラストレーターとの違いとして、グラフィックデザイナーの業務の範疇がイラストに留まらない点が挙げられます。ただし、グラフィックデザイナーのなかには、イラストを用いた表現に特化した人もいます。

写真加工技術や3D技術など、幅広いデザインの知識が求められる職業です。ポスター・書籍・Web広告・雑誌・映画・ゲーム・アニメなど、ジャンルにより多岐にわたる活動が期待できます。

Webデザイナー

Webデザイナーは、クライアントから依頼されたWebサイトのデザインを行います。Webサイトにおける操作のしやすさや見やすさだけではなく、デザイン性やブランドイメージも尊重したうえでデザインを行う仕事です。

一般的なデザイナーとの大きな違いとして、HTMLやCSSを用いた「コーディング」を行う点が挙げられます。コーディングではWebに関連する言語を活用し、デザインしたWebサイトを実際に構築していきます。

ブックデザイナー

ブックデザイナーとは、本の表紙をデザインする仕事です。別名で装丁家(そうていか)とも呼ばれます。ただし、装丁家は表紙・裏表紙・背表紙など本の外側のデザインのみを担当し、ブックデザイナーは中身も含めたトータルデザインを行います。

書籍が売れるためには、内容の素晴らしさだけではなく、ユーザーの目を引くデザインが重要です。ブックデザイナーは本の売り上げや作者の収入に大きな影響を与える、責任感の強い仕事といえるでしょう。

身近なものを作る職人仕事3選

ここでは、毎日の生活でよく目にする身近なものに関連する職人仕事を3種類ご紹介します。

  • 彫金師
  • 刃物職人
  • 楽器職人

職人仕事の対象は、細かく数え始めるときりがないほど多く存在しています。そのなかでも、生活に必要かつ身近なものを作る職人仕事は、多くの人のライフスタイルに作用できる点が魅力です。

彫金師

彫金師は、シルバーやゴールドなどの貴金属やジュエリーを加工し、アクセサリーや装飾品を作る仕事です。工芸品や寺社の装飾品から個人向けアクセサリー作成まで、働き方次第で多くの収入源を得られます。昨今ではショップのオンライン化が進み、実店舗を構えずにオリジナルアクセサリーの通販を行っている彫金師も存在しています。

刃物職人

刃物職人とは、日常生活のなかで使う刃物を作成する職人です。刃物職人が扱う品には、ナイフ・ハサミ・包丁・のこぎりなどが挙げられます。職人志望者の多くは、刃物工房に弟子入りしたうえで現場で修行し、長い年月をかけて一人前になっていきます。

楽器職人

楽器職人とは、音楽家の楽器をゼロから作成する仕事です。ラフスケッチから製図・材質選び・完成後の微調整まで、多くのプロセスを担います。具体的な仕事は、「量産モデルの原型作成」と「オーダーメイド・セミオーダー」の2種に大別されます。職人として働く際は、楽器メーカーや工房への就職が一般的です。

職人仕事は種類ごとに修業期間が異なる…すぐに始められる仕事は?

職人仕事の不安点として、長い修業期間が挙げられます。どの仕事も未経験者がすぐに発注してもらえるような内容ではありません。できる限り早い段階で経済的に安定するためには、効率的な学習が求められます。

そこで取り入れたい方法が、社会人や未経験者を対象とした専門学校やスクールに通うことです。学校によっては、最短1ヶ月程度で最低限の技術を修得できるカリキュラムも展開されています。週末だけ通えるプランも多いため、自分のライフスタイルに合いそうなスクールを検索してみましょう。

数ヶ月の学習で職人になるなら「飲食人大学」

今回は、人気の職人仕事の種類をご紹介しました。多くの職人仕事のなかでも、海外での活動を視野に入れている人におすすめしたい職業が「寿司職人」です。寿司職人は日本人が優遇されやすいとともに、国内と比べて海外で倍以上の収入を狙える仕事でもあります。

未経験から寿司職人を目指したい人は、ぜひ「飲食人大学」への入学をご検討ください。飲食人大学では、最短3ヶ月で一人前としてデビューできるカリキュラムを展開しています。まずは一度、オンライン相談や資料請求から始めてみてはいかがでしょうか。

未経験からプロの料理人になる!
資料請求
個別相談
学校説明会
体験会