飲食人大学

海外就職・独立開業、日本の伝統寿司を極めてキャリアを創る

blog

卒業後、3ヶ月でお客様に握りを提供できるようになりました!

平岡果凜(ひらおか・かりん)

Q.今のお仕事はなんですか?

ミシュラン掲載店にて寿司職人をしています。主に仕込みから、つけ場に立って寿司を握っています。

Q.寿司職人を目指したきっかけを教えて下さい。

飲食人大学をテレビで見かけて、最初は全然興味がなかったです。だけど、高校を卒業してから、大学や専門学校へ行くよりも短期で手に職をつけたいと思い、3ヶ月で寿司職人の基礎を学べる飲食人大学を選びました。

Q.小さい頃の夢は何ですか?

元々はダンサーを目指していました。しかし中々結果が出ない中、ダンスの先生になるお話を貰った時に踏ん切りがついて、全く違うことを始めることにしました。

Q.学校に入ってみていかがでしたか?

私の先生は、食材を1つも無駄にしない方でした。捌いた魚の端材や、出汁をとった昆布も別の料理にされていて、どんどん奥深さを学びました。3ヶ月という期間は内容としては短いぐらいでしたが、そのおかげで未経験の私でも集中を切らさず学び続けることが出来ました。

Q.千陽で働き始めたきっかけは何ですか?

鮨千陽は飲食人大学の卒業生だけで運営しているので、学校で学んだことをそのまま生かせる環境でした。その結果、3ヶ月でお客様に握りをお出しできました。他の寿司屋に行った同級生よりも、お客様と接する機会は多かったです。

Q.これからの目標はなんですか?

母親が地元でお店をオープンさせると言っていたので、一緒にお店をしたいと考えています。

入学をご検討中の方へメッセージをお願いします!

一緒に勉強する人は年齢も様々なので、いろいろな視点で一緒に勉強することができます。3ヶ月間という短い期間ですが、密度の濃い時間なので集中して頑張って下さい!