飲食人大学

blog

海外移住で仕事はどうする?日本人におすすめの職種や就職の方法を紹介

海外で働きたい!日本人におすすめの仕事は?

海外移住を視野に入れたときに、大きな課題となるのが就労です。「海外で働きたいけれど特別なスキルを持っていない」「日本語しか話せないのに就ける仕事はある?」と不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

今回は、海外移住して仕事をする方法や、日本人におすすめの仕事などをご紹介します。今はまだ漠然としている「海外に住みたい」という欲求を形にするために、やるべきタスクを整理して実行に落とし込んでいきましょう。

海外に移住して仕事をする方法

ここでは、海外に移住して仕事をする方法をご紹介します。

  • 海外赴任のある日本企業に就職する
  • フリーランスとして場所を選ばず働く
  • 現地採用を狙う
  • ワーキングホリデー制度を活用する

海外移住のためには、日本にいる段階から外国での仕事先の目途を探す必要があります。「海外に来たものの仕事が見つからずに帰国」という事態にならないよう、仕事探しのプロセスを学んでいきましょう。

海外赴任のある日本企業に就職する

海外移住で働く方法として、海外赴任のある日本企業への就職が挙げられます。海外赴任であればビザ取得や住居などのタスクの負担が分散でき、生活への不安が少ない状態で働けます。

海外赴任が多い領域の職種は、自動車メーカー・不動産・総合商社・電機メーカーなどが代表的です。またプラント建設や国際物流なども海外勤務者が多く狙い目といえるでしょう。手段としては、海外拠点を持つ日系グローバル企業に応募するのが近道です。

フリーランスとして場所を選ばず働く

特定の企業や組織に所属せず、フリーランスとして活躍する方法も、海外で働く手段の一つです。とくに東南アジアを中心とした物価が安い地域で生活をすることで、日本で働くよりも効率的に報酬を得られるでしょう。

「インターネットさえあればどこでも仕事を受注できる」という人には適した方法ですが、受注が滞った瞬間に生活が不安定になる可能性があります。日本であれば一時しのぎの仕事をすぐに見つけられるかもしれませんが、海外で同じように働けるとは限りません。

現地採用を狙う

現地の日系企業や外資系企業からの直接雇用を狙うのも、海外勤務の方法です。もちろん日系企業に限らず、現地企業からの直接雇用も選択肢に入ります。現地採用では転職エージェントの活用が一般的で、国や会社を選ぶための自由度が高い点がメリットです。

特にある程度の外国語力があり、該当するビジネス領域でのキャリアもある人にとっては、現実的な選択肢となるでしょう。ただし現地採用では、国内勤務と比べて待遇が良くない可能性もあるため、条件や環境の確認が必要です。

ワーキングホリデー制度を活用する

海外移住における就労では、ワーキングホリデー制度の活用も選択肢に入ります。ワーキングホリデー制度とは、日本と協定を結んだ外国に一定期間の滞在許可が下り、就労・留学・旅行などの目的で生活ができる制度です。

ワーキングホリデー制度では海外で働くためのビザを取得できるため、本格的な移住の前に現地での就労環境や生活のイメージを実際に体験できます。ただしワーキングホリデー制度は国によって年齢制限があるため、人によってはすでに活用できない点に注意しましょう。

海外移住でおすすめの仕事9選

ここでは、海外移住におすすめの仕事を9種類ご紹介します。

  • 日本語教師
  • 日本食の料理人・従業員
  • 観光業・ツアーガイド
  • 通訳・翻訳
  • 営業職
  • 保育士
  • プログラマー・エンジニア
  • 留学エージェント
  • コスメトロジーライセンスに関わる仕事

海外移住に適した仕事は個人の能力やキャリア、言語スキルによって異なります。専門的なスキルを持っている人はもちろん、現在はまだ手に職がない人でも海外移住を目指すことは可能です。就労先の国や環境をイメージしながら、どの仕事が自分に合うのかを考えていきましょう。

日本語教師

日本語教師は、「日本語のプロ」として現地の生徒に言語を教える仕事です。学校の国語の先生とは異なり、外国語を母国語とする生徒たちに日本語の基本・応用を教えます。正しい日本語を教えるためには、日本語を扱えるだけではなく、文法や音声などの知識が必要です。

また生徒たちの学習進捗や学習目的に応じて、授業内容や指導方法を考える柔軟性も求められます。生徒たちの属性は、日本への留学準備をしている人や、日系企業に勤めるビジネスパーソンなど多岐に渡ります。

参考:一般社団法人 全国日本語教師妖精協議会「日本語教師とは?」

日本食の料理人・従業員

日本食の料理人や従業員は、日本人ならではのアドバンテージを持っている仕事です。世界的なトレンドである日本食は今や定番化され、外国の大都市には日本食レストランや寿司屋などがほぼ必ず展開されています。

なかでも寿司職人は狙い目の職業であり、国によっては下っ端から年収数千万円以上も夢ではありません。また待遇や給与面に不安は残りますが、飲食店のウエイトレスやウエイター、レジ打ちなども就労しやすい仕事の一つといえるでしょう。

寿司職人を目指すなら、飲食人大学の寿司マイスター専科【海外就職コース】がおすすめ。グローバルに活躍する寿司職人を目指すことができます。詳しくは以下のページをご覧ください。

観光業・ツアーガイド

観光業やツアーガイドも、日本人におすすめの職業の一つです。観光業は主に日本人を対象としているため、日本語を活用しながら働けます。また外国語スキルが日常会話レベルでも十分に働けるケースが多い点もメリットです。

さらに日本人が少ないエリアなら、他の国で働くよりも多くの収入を得やすいことも魅力といえるでしょう。特別な資格は必要ありませんが、現地の治安や環境・文化・歴史への学習が求められます。

通訳・翻訳

外国語のスキルを所持している人には、通訳や翻訳の仕事がおすすめです。特に翻訳は在宅で受注できるケースが多く、住居や国を選ばない海外移住に適しています。

現地特有の言い回しを理解するための語学力が求められるため、一定期間滞在した後に通訳・翻訳として活動し始めるのもよいでしょう。通訳・翻訳は資格よりも実績や経験が重要視される仕事です。小さな実績をコツコツ積むことで、大きな仕事を得られるようになるでしょう。

営業職

海外移住において、求人が多い仕事の一つが営業職です。日本での営業は主に自分が担当するエリアだけですが、海外の場合は国全体を担当したり、隣国にも営業に向かったりするケースがあります。

営業では一定の語学力はもちろん求められますが、商品やサービスの本質やクライアントのニーズなどを読み取る力が非常に重要です。国内での営業経験は、海外移住では大きなアドバンテージになるといえるでしょう。また営業では、仕事のなかで人脈や語学力がどんどん上がっていく点も魅力です。

保育士

保育士は国内だけではなく、海外でも需要が高い仕事です。海外移住における保育士の仕事では、現地の子どもだけではなく、現地で働く駐在員の子どもを預かります。日系の保育園の場合は、日本語を使って働けるのがメリットです。

また専門職として扱ってもらえるため、就労ビザが取りやすい点でも推奨されます。ただし、日本の保育士とは異なる資格が必要になります。地域によっては、国内で保育士資格を持っていれば、足りない部分を補う形で新しい資格に置き換えることも可能です。

プログラマー・エンジニア

海外移住でおすすめの職業が、プログラマーやエンジニアなどのIT系の仕事です。世界的なデジタル化においてIT分野の専門職は引く手あまたの状態であり、海外移住の際も安定した職業として認知されています。

また海外のプログラマーは全体的に日本よりも好待遇で働ける傾向にあり、現在プログラマーとして働いている人にはキャリアアップのチャンスもあります。ただし実力主義の業界のため、安定した収入のためには知識や経験、実績が必要です。

留学エージェント

留学エージェントとは、留学を希望する顧客に向けて手続きを代行する仕事です。留学全般に関わるアドバイスをしたり、学校を選んだりなどの形でサポートします。また代理店によっては、進路相談・生活サポート・出発前の準備など、幅広い方向性から顧客を支えます。

海外移住で留学エージェントとして働くためには、教育機関とやり取りするための高い語学力も必要です。また顧客一人ひとりのニーズを汲み取り、相手に合ったプランを用意する柔軟性も求められます。

コスメトロジーライセンスに関わる仕事

美容に関心がある人や、日本で美容に関わる仕事をしている人には、コスメトロジーライセンスに関わる仕事がおすすめです。コスメトロジーライセンスとは、ヘアー・メイクアップ・ネイル・エステなど美容に関するすべての仕事を行うための資格です。

コスメトロジーライセンスはアメリカの各州で実習や試験を受けることによって取得でき、5年間の実務経験があればすぐに受け取れます。アメリカへの海外移住で美容師やエステティシャンとして活躍するためには、必須の資格です。

参考:HATATO LIBE&ONLINE ACADEMY「NEWYORK COSMETOLOGY LICENSE」

移住先の国を決めるポイント

ここでは、移住先の国を決める際のポイントをご紹介します。

  • 治安が良い・犯罪率が低い
  • 食文化や気温・湿度の環境が合っている
  • 移住先の言語を少しでも理解できる
  • 日本人ならではの仕事の求人が多い
  • ビザが取りやすい
  • 医療体制や教育体制が充実している

どれほど就労条件がよくても、治安や安全には代えられません。反対に、どれほど過ごしやすい国であっても仕事に不満があれば本格的な移住は難しいでしょう。妥協できる点・できない点を自分なりに整理しながら、理想的な国探しを進めてくださいね。

治安が良い・犯罪率が低い

海外移住では、治安が良い国や犯罪率が低い国を優先して選びましょう。特に女性は男性と比べて犯罪被害に遭う可能性が高まりやすく、自身の生活・健康・資産を守るための国選びが重要です。

治安が良い国の基準としては、現在進行中の国内外の紛争がないことが挙げられます。移民問題を含む社会の安全が保たれており、政治的に安定している国を選びましょう。なかでもアイスランドは長年「世界平和度指数ランキング」で1位を取得しています。

参考:宇陀市人権啓発活動推進本部「世界平和度指数」

食文化や気温・湿度の環境が合っている

海外移住で国を選ぶ際は、なるべく食文化や気温・湿度の環境が合っている国を選びましょう。たとえばオーストラリアは海外移住に人気の国の一つですが、1年を通して日本とは季節が反転します。人によっては体を壊したり、精神的に疲れてしまったりするシーンがあるでしょう。

またフィリピンをはじめとする熱帯性気候のエリアでは、居住区にも多くの虫や生き物が発生します。ゴキブリやダニ・アリ・ヤモリなどへの苦手意識が強い人は、家賃が高い都市部や肌寒い国への移住を検討したほうがよいかもしれません。

移住先の言語を少しでも理解できる

海外移住の際は、移住先の言語を少しでも理解できるエリアを選びましょう。語学力は移住後にも磨けますが、移住初期の就労や不動産に関するやり取りや、緊急時のコミュニケーションなどでは、基礎的な語学力がないと不安が大きいものです。

特にインフラ関連や交通、医療などでは、語学力の有無が生活や安全に直結します。昨今では翻訳アプリの性能が上がっていますが、デバイスやネットワークに依存した生活はリスクが大きいといえるでしょう。

日本人ならではの仕事の求人が多い

日本人ならではの仕事の求人が多い国は、海外移住に向いているといえます。たとえば寿司職人・日系企業の事務・日本人向けカウンセラー・日本語教師などは、日本人の労働者を歓迎する傾向にあるでしょう。

迷ったときは「日本人向け」で検索すると、自分に合った仕事が探せる可能性があります。ホテル・クルーズ・レストランなど、観光客に向けた職業も多いものです。

ビザが取りやすい

ビザが取りやすい国は、海外移住に向いている国といえるでしょう。海外移住に関するビザは、就労ビザ・リタイアメントビザ・起業家ビザなどが代表的です。

ビザの種類や取得条件は、国によって異なります。また社会情勢に応じて、国ごとに年々変化し続けています。まずは候補としている国のビザの種類を調べ、条件から逆算して計画を組んでいきましょう。

医療体制や教育体制が充実している

医療体制や教育体制が充実している国は、日本人が移住しやすい傾向にあります。特に日本の医療体制は世界レベルで高く医療費も安いため、医療先進国以外への移住は大きなストレス・不安につながることを認識しましょう。

ただし、医療体制や教育体制が充実している国は、税金が高いケースが多いものです。就労における報酬やライフステージの変化を見据えたうえで、自身の財政や将来設計に合った国選びが求められます。

海外移住に憧れる人が陥りやすい注意点

ここでは、海外移住に憧れている人が陥りやすいポイント・注意点をご紹介します。

  • 語学力が足りずキャリアアップができない
  • 食事や宗教観などの文化が合わず疲弊してしまう
  • 孤独感に苛まれやすい
  • 勢いだけで移住して資金難になってしまう

海外移住は夢やロマンがあふれる人生計画です。しかし勢いだけで移住を決めてしまうと、仕事や金銭的な問題から途中で挫折してしまう可能性もあります。移住時の注意点を理解し、建設的な行動を心がけていきましょう。

語学力が足りずキャリアアップができない

海外移住では、語学力が足りないとキャリアアップが見込みにくくなります。専門技術のみで成り上がれるケースはごく一部であり、多くの人の昇進・昇給には、語学力に基づいた最低限のコミュニケーションスキルが求められます。

食事や宗教観などの文化が合わず疲弊してしまう

食事や宗教観などの文化が合わない国に海外移住すると、心身ともに疲弊しやすくなるでしょう。海外移住では国の文化の尊重が大前提です。肌に合わない文化のなかで生活していると心が疲れ、生活や仕事へのモチベーションも失われてしまいます。

孤独感に苛まれやすい

日本語が通じない場所で一人で生活していると、どれほど心が強い人でも孤独感に苛まれるものです。海外移住の際は、自身のメンタルをケアする方法やコミュニティを確保することが大切です。特に日本人の同僚が多い職場では、精神的な安定も得られやすいでしょう。

勢いだけで移住して資金難になってしまう

勢いだけで移住して資金難になってしまうことも、海外移住で挙げられる注意点です。海外移住では行動力や実行力が重要ですが、無計画な状態では簡単に実現できません。国内の時点から時間をかけてリサーチし、計画的な資金調達を行いましょう。

海外移住は仕事探しから。海外就職を目指すなら飲食人大学!

今回は、海外移住におすすめの仕事や、就労時の注意点などをご紹介しました。国内の生活と同様に、海外での生活の基盤は仕事探しから始まります。安定した職場と報酬を得てこそ、自分らしい生活が叶えられるのです。

海外移住における仕事探しは日本国内でも可能です。すぐに募集できない仕事であっても、求人情報には就労に必要な多くの情報が記載されています。希望する職種や国のキーワードで求人情報を検索しつつ、自己研鑽に励みましょう。

飲食人大学は、これから飲食業界で働こうとする人、既に飲食業界で働いている飲食人のための学校です。一般的な1年制の調理師学校のカリキュラムを「現場実践」と言うキーワードでいちから見直すことで、3ヶ月という短期間で、現場で通用する技術を修得できる短期集中型のプログラムを開発しています。

世界に通用する食文化をもつ日本ならではの技術を身に付け、グローバルで活躍したい方は、ぜひ無料相談をお申し込みください。