飲食人大学

blog

海外移住で仕事を選ぶなら?日本語のみでも働ける職種を5つ紹介!

海外で働ける仕事に就いて、新しい人生を歩みたい!

海外移住して仕事してみたいけれど、英語に自信がない…。言葉が話せないのに、海外で仕事なんてできるわけがない…。海外移住や海外での仕事に興味はあっても語学力が不安で躊躇する人が多いかもしれません。けれど、実は海外でも日本語のみで働ける仕事がたくさんあります。

英語がうまく話せないからと本当はやってみたいのに海外移住して仕事をするのを諦めるのは、もったいないものです。海外移住しても日本語のみで働ける仕事を探して、新しい一歩を踏み出してみませんか?

海外移住希望者必見!日本語のみで働ける仕事5選

日本語のみでできる仕事がわかれば、海外移住がぐっと身近になりますよね。海外移住で日本語のみでできる仕事には、具体的に次のようなものがあります。

  • 日本食の飲食店で働く従業員
  • 日本人向けの観光業
  • 日系企業のデスクワーク
  • 日系企業の営業職・コールセンター
  • 日本語のみでできる日本語教師

日本食の飲食店で働く従業員

日本食の飲食店で働く従業員であれば、海外移住後も日本語のみで働ける可能性が高い仕事です。海外の日本食レストランは、駐在や現地採用などで現地に住んでいる日本人をメインのお客さんにしているところがたくさんあります。

海外にある日本食を提供する飲食店の仕事では、一緒に働く現地人スタッフが日本語を学んでおり、来るお客さんも日本語対応可能なので、仕事で英語や現地語の能力は求められないことが多いのです。多くの日本食を提供する飲食店の仕事で、流暢な日本語が話せて日本の接客の常識がわかっている日本人は非常に重宝されます。

日本人向けの観光業

日本人のお客さんをターゲットとした海外のホテルやクルーズ船の仕事でも、日本人スタッフの求人が多く見られます。日本食レストランの仕事と同じように、日本人のお客さんへのきめ細かな対応が可能であることが重視され、仕事に語学力がそれほど必要ないところもたくさんあります。

現地ガイドでも、日本語のみが話せればできる仕事も多いのです。ただ、ガイドとして海外で仕事する場合には、仕事中に観光地のスタッフとのやりとりや病院受診など緊急時の対応が必要な場合もあります。流暢でなくても大丈夫なので、仕事に必要な語学力が少しは求められるケースも考えられます。

日系企業のデスクワーク

日系企業のデスクワークも、日本語のみで仕事ができるところが少なくありません。日本語のみで仕事ができる日系企業では、現地人スタッフが日本語を学んでおり、社内の仕事が日本語でまわっているためです。

外部とのやりとりも仕事の相手が日本人であることが多く、現地の人とコミュニケーションをとる必要がある場合には現地人スタッフが通訳に入ってくれるでしょう。その分、仕事では日本人ならではの気配りが求められ、若い人でも現地人スタッフのマネジメントを任される管理職の立場となって仕事する場合も多いのです。

日系企業の営業職・コールセンター

日系企業の営業職やコールセンターも、海外移住後の仕事として狙い目です。日系企業を相手に営業する場合、日本語のみで仕事できます。営業職としての経験がなくても、前向きに仕事に取り組める人なら大丈夫というところも多い傾向です。

また、日系企業の中には海外にコールセンターを置いているところも多くあります。対応する相手は日本人のお客さんなので、日本でコールセンターの仕事をするのとさほど変わりません。日本食を提供する飲食店の仕事とならんで、はじめての海外移住でも日本人が働きやすい仕事の一つです。

日本語のみでできる日本語教師

また、日本語教師も海外移住後に日本語のみで仕事がしたい場合におすすめです。「先生の仕事をするには、資格や経験がいるのでは?」と思うかもしれませんが、実は仕事に資格が必要ないところも多いのです。

海外の日本語教師としての仕事には、大学、日本語学校、外国人技能実習生の送り出し機関などがあります。確かに大学や大きな日本語センターでの仕事では、資格が求められる可能性が高いかもしれません。しかし、小さなセンターや外国人技能実習生の送り出し機関で働く日本語教師の仕事では、資格や経験がなくても日本人なら歓迎というところがたくさんあります。

国内にも渡航のチャンスが!海外に行ける仕事7選

海外移住してどこかに雇われて仕事をする方法は、主に2種類です。現地で採用されて仕事するか、日本で就職して海外支社に駐在員として派遣されて仕事するかのどちらかになります。いずれかの方法でも、海外へ行ける可能性が高い仕事には次のようなものがあります。

  • システムエンジニア・プログラマー
  • 海外向けに商品を展開する営業職
  • 海外で実施調査するマーケター・販売戦略
  • 海外で日本の子どもを受け入れる施設の保育士
  • 通訳・翻訳
  • 留学エージェント
  • 日本食の料理人

システムエンジニア・プログラマー

システムエンジニアやプログラマーの仕事は多くの国で需要が高く、就業のチャンスが多い仕事の一つです。専門的な知識やスキルが必要な仕事であるため、仕事するための就労ビザもおりやすいでしょう。

日本語のみでできる仕事ではありますが、現地採用での仕事を狙う場合には、多少の英語力があったほうが待遇のよい仕事を選べる可能性が高いものです。また、現地で仕事のためのプログラミングスキルを学んで身につけたいと思っている場合には、英語力は必須となります。

海外向けに商品を展開する営業職

海外に行ける仕事として、海外向けに商品を展開する企業を就職先に選ぶのも一つの方法です。国内の営業の仕事で経験を積んだ後に、海外支社に駐在する営業職員として派遣してもらえる可能性があります。

営業の仕事は、経験不問で現地採用で雇ってもらうのもそれほど難しくありません。ただ、現地で採用される仕事よりも、日本本社から駐在員として海外移住する仕事のほうが待遇が格段によい場合が多いのです。

海外で実施調査をするマーケター・販売戦略

企業が海外展開するにあたって、現地の状況を把握してマーケティング戦略を立てることは欠かせません。そのため、実施調査するマーケターは海外移住して仕事をすることになります。

大きな企業だと自分の会社からマーケターの仕事をする駐在員として派遣するケースもありますが、中小企業の場合は海外進出を支援する企業に仕事を依頼することが多いでしょう。海外進出を支援する会社のマーケターの仕事に就いて、海外移住する方法もあります。

海外で日本の子どもを受け入れる施設の保育士

意外と海外で需要が高いのが、保育士の仕事です。保育士として海外で働く仕事のイメージがないかもしれませんが、海外駐在員の子どもが通う日系の保育園や幼稚園はたくさんあります。

現地の保育士資格をとれば、現地の保育園で保育士の仕事に就ける可能性もあります。アジアなどの日本語学習のニーズが高い国であれば、日本人保育士は重宝されるでしょう。現地の保育士資格がなくても、保育士としてではなくサポートするアシスタントとして、保育園や幼稚園で仕事ができる場合もあります。

通訳・翻訳

通訳や翻訳の仕事の場合は、企業に就職して仕事する以外にも、フリーランスとして海外で仕事する方法もあります。ただ、通訳や翻訳の仕事をするには、他の仕事以上に高い語学力が必要です。

特に日本語学習が盛んなアジアでは、日本語が得意な現地の人がたくさん存在します。そして多くの場合、日本語が流暢な現地人の通訳・翻訳スタッフは日本人よりも安い賃金で仕事をしてくれます。現地での仕事のニーズを見極める必要があるでしょう。

留学エージェント

日本に留学したい外国人をサポートする留学エージェントの職員も、海外に行ける仕事として挙げられます。現地人スタッフが通訳に入ってくれる場合もありますが、直接生徒の相談に乗れる高い語学力が仕事に求められるところも少なくありません。

また日本まで留学生に同行する必要がある場合、仕事で日本と現地を何度も行ったり来たりする可能性も考えられます。就職前に仕事の内容が自分の希望と合っているかどうか、しっかり把握しておくようにしましょう。

寿司職人

寿司は日本を代表する食べ物として海外でも人気があり、海外のさまざまな国に寿司を取り扱う店舗があります。寿司職人は寿司を握る専門職であり、日本人としてのアドバンテージを活かせる仕事です。海外で仕事を探している日本人から人気の仕事で、比較的日本語のみを使用して仕事ができます。日本人が握った寿司という付加価値がつくため、海外で就職しやすい仕事でしょう。

国によって給与面も良く、就労ビザが取りやすいのも魅力です。海外のさまざまな国に店舗があるので、自分に合った国を選びつつ、海外で寿司職人としてのキャリアが積めます。

寿司職人を目指すなら、飲食人大学の寿司マイスター専科【海外就職コース】がおすすめ。グローバルに活躍する寿司職人を目指すことができます。詳しくは以下のページをご覧ください。

移住した後からでも現地の言葉を学ぶべき理由

日本語のみでも海外で働ける仕事はたくさんありますが、仕事に必要ないから現地の言葉を勉強しなくていいということではありません。現地の生活に溶け込んで充実した毎日を送るためには、たとえ仕事で使わなくても現地の言葉を勉強することは欠かせません。

現地の言葉がまったくわからないと、仕事以外でも次のような弊害が考えられます。

  • 緊急時の対応が難しい
  • 孤独やストレスを感じる
  • 文化や習慣が理解しにくい
  • 日常生活におけるコミュニケーションの困難
  • 契約書や医療など、重要な情報が判別できない
  • 大きなスキルアップ・キャリアアップが見込みにくい
  • 現地の言葉の話者やデバイスに依存した生活になる

緊急時の対応が難しい

海外移住後も日本人のコミュニティに所属して、仕事場の現地人スタッフのサポートを受ければ、日本語のみで生活を送ることも可能です。ただし、周囲の人に依存して生活していると、緊急時の対応のときに困ってしまいます。

仕事で必要なかったとしても、最低限自分を守るための語学力は身につけておく必要があるでしょう。焦らず少しずつで大丈夫なので、必要そうな単語やフレーズから覚えていくのがおすすめです。

孤独やストレスを感じる

海外移住先でみんなが話している言葉がわからないと、仕事場でも仕事以外の場所でも孤独やストレスを感じやすくなります。自分の文句や悪口を言われているような、被害妄想が生まれてしまうこともあるかもしれません。

少しでも現地語を覚えたり、勉強している様子を見せたりするだけでも、仕事場の現地人スタッフや近所の人との距離がぐっと近づきます。逆の立場でも、日本で自分の国の言葉だけしか話さない外国人より、拙くても日本語を勉強して話そうとしている外国人のほうが親近感を持てますよね。

文化や習慣が理解しにくい

海外移住後に現地の言葉がまったくわからないと、文化や風習が理解しづらい問題もあります。海外では、日本の当たり前が当たり前ではありません。生活だけでなく仕事においても、その土地の文化や習慣を理解していることは重要です。

自分では普通にしているだけでも、失礼な態度をとってしまっているかもしれません。そのような事態を避けるためにも、海外移住後には現地の言葉を勉強するのがおすすめです。

日常生活におけるコミュニケーションの困難

海外移住後に周囲の人に頼って日本語のみで日常生活を送ることも可能ではありますが、きっと不便です。自分の力で日常生活を送れないということは、自分のペースで生活できないことです。

心地よく毎日の生活を送るためにも、自分の生活で使う範囲内の現地の言葉は身につけていくのがおすすめです。言葉に自信が持てれば行動範囲も広がって、生活がより充実するはずです。

契約書や医療など、重要な情報が判別できない

海外移住後にも現地の言葉がまったくわからないままでいると、仕事や家の契約書、医療に関わることなど、自分にとって大切な書類を自分で解読できません。きっと手伝ってくれる人はいると思いますが、大切なことを他人任せにするのはこわいですよね。

難しい現地の書類を読みこなす言語力を一朝一夕で身につけることは不可能でしょう。けれど少しでも勉強していれば、おおまかな内容の把握ができますよね。翻訳機を使いながら調べることもできるでしょう。全部ではなくても、自分の力で理解できる範囲を広げていくことが大切です。

大きなスキルアップ・キャリアアップが見込みにくい

現地の言葉がわからないと、海外移住後の仕事でのスキルアップ・キャリアアップの可能性が下がります。きっと自分の可能性を広げたいと思って海外移住し、仕事に踏み切ったはずです。現地の言葉を勉強することは、現地での仕事での可能性を広げることでもあります。

また、多くの人は海外移住するときに一時的に仕事しようと思ってきていますよね。生涯その国に永住することを想定しているわけではないと思います。日本に帰ってからも仕事する必要があるはずです。日本本社から駐在員として来ている場合は戻れば仕事があるでしょうが、現地採用の場合は日本帰国後にまた仕事を探さなければなりません。帰国後によい仕事に就くためにも、海外移住中の仕事でのスキルアップ・キャリアアップは必須です。

現地の言葉の話者やデバイスに依存した生活になる

海外移住後に現地の言葉がまったくわからないと、すべての情報を現地語が話せる仕事場のスタッフや知り合い、またはデバイスに頼ることになります。自分で正しい情報かどうかの取捨選択ができません。

仕事でも他人からの情報に頼っていては、ミスがあったときに納得がいきませんよね。他人からの情報に振りまわされる生活はストレスがたまるうえに、あなたの判断能力も次第に低下してしまうはずです。仕事や日常生活の中で自己判断する力と習慣を失わないためにも、海外移住後は現地の言葉を勉強するのがおすすめです。

海外移住の夢をつかもう!海外で活躍するなら、飲食人大学!

海外移住して仕事したいと思っている場合には、まずは海外に行ける仕事の求人情報をチェックするのがおすすめです。今すぐに海外で仕事するつもりはない人にとっても、どのような仕事があって、どのような経験やスキルが求められているのかということがわかれば、これからの海外移住の計画が立てやすくなりますよね。

自分のなかでビジョンが明確になるほど、海外移住が近づきます。ぜひ海外で働ける仕事の求人をこまめにチェックして、海外移住の夢をかなえましょう。

飲食人大学は、これから飲食業界で働こうとする人、既に飲食業界で働いている飲食人のための学校です。一般的な1年制の調理師学校のカリキュラムを「現場実践」と言うキーワードでいちから見直すことで、3ヶ月という短期間で、現場で通用する技術を修得できる短期集中型のプログラムを開発しています。

世界に通用する食文化をもつ日本ならではの技術を身に付け、グローバルで活躍したい方は、ぜひ無料相談をお申し込みください。