飲食人大学

blog

女性が寿司職人になるには?フローや注意点、海外で活躍する方法とは

今人気の職業、寿司職人。女性でも目指せる?

グローバル化が進む現代、多くの注目を受けている仕事の一つが寿司職人です。寿司職人は男性だけではなく、女性の職業としての認知も進んでいます。老若男女関係なく目指せる寿司職人は、世界的に需要が高い職業でもあるのです。

今回は、女性が寿司職人を目指す方法や注意点をご紹介します。特に海外における寿司職人は、年収1000万円以上も決して夢ではありません。自分らしく豊かな人生を手に入れるために、寿司職人へのキャリアチェンジを検討してみましょう。

女性が寿司職人になる方法

ここでは、女性が寿司職人になる方法をご紹介します。寿司職人になる方法は、男女に限らずおもに以下の2つに大別されます。

  • 寿司の専門学校に火曜
  • 店舗に弟子入りする

それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握しつつ、ライフスタイルや将来のビジョンに合った選び方をしていきましょう。

寿司の専門学校に通う

寿司職人になるための方法として、寿司の専門学校が挙げられます。寿司の専門学校では基本的な寿司の握り方はもちろん、仕込み方やシャリの作り方、コースの提案・創作なども学べます。また就職に備え、寿司以外の和食の作り方が学べる点も特徴です。

卒業後の就労先の斡旋もしてもらえるため、安心して学べます。また寿司の専門学校では、生徒のライフスタイルに沿ってさまざまなコースが用意されている傾向にあります。数ヶ月の短期間で学ぶコースや半年以上かけてみっちり学ぶコースなどから、自分のペースに合わせて選択可能です。

寿司の専門学校の登場で、寿司職人の「デビューするためには長年もの修行が必要」という常識は覆されました。フットワークの軽いキャリアチェンジを目指したい人には、特におすすめの方法といえるでしょう。ただし現場経験が少ない状態でのデビューになるため、実践のなかで知識や技術をアップデートしていく必要があります。

店舗に弟子入りする

店舗への弟子入りも、寿司職人になる方法の一つです。現場で実践経験を積みながら学べるため、即戦力として働ける力を養えます。ただし店舗への弟子入りの大きなデメリットとして、一人前になるまでに長い期間が必要であることが挙げられます。

店舗によってはシャリを握れるまで5年、寿司を握れるまで10年もの月日を要することも。また見習い期間中は報酬が安いことも不安点です。早い段階でキャリアアップをしたい人には不向きですが、寿司職人としてのスキルを着実に上げたい人や、長い修業期間を経たという実績をつけたい人には向いている方法といえるでしょう。

女性が寿司職人を目指す際の注意点

ここでは、女性が寿司職人を目指す際の注意点をご紹介します。

  • 体のバイオリズムによって味覚や体温が変化しやすい
  • メイクが制限される可能性がある

昨今では女性の寿司職人も増加傾向にありますが、なかには女性特有の要素に不安を抱いているオーナーやお客さんも存在しています。注意点を加味したうえで、円滑なキャリアチェンジにつなげていきましょう。

体のバイオリズムによって味覚や体温が変化しやすい

寿司職人に限らず、飲食業に携わる女性にとって大きな課題となるのが、生理周期による体のバイオリズムの変化です。生理前後には味覚の一部が変化する可能性があり、安定した寿司の提供が難しくなる可能性があります。ただし体質変化は個人差が激しいため、一概にはいえません。

また女性の体は、排卵期から黄体期に入ったタイミングで基礎体温が上がります。平均して1度以下の小さな変化ではありますが、わずかながらでもシャリやネタの仕上がりに影響を与える可能性を加味しておきましょう。

参考:バイエル薬品株式会社「生理のしくみ」

参考:日本栄養・食料学会誌「女子大生の月経周期における味覚感度の変動」

メイクが制限される可能性がある

女性の寿司職人は、メイクが制限される可能性があります。なぜなら、作業中の動作によって化粧品の成分が舞ったり、香りが漂ったりすることを予防する必要があるからです。オーナーの志向によっては、無香料でも一切の化粧品をNGとしているケースもあるでしょう。

海外の寿司職人が注目されている理由

ここでは、海外の寿司職人が注目されている理由をご紹介します。

  • 日本で暮らすよりも多くの報酬を得やすい
  • 長い修業期間が不必要

海外では世界的な健康志向ブームにともない、寿司を含めた日本食に注目が集まっています。低カロリー・高たんぱくの寿司は、まさに世界トレンドの料理でもあるのです。

日本で暮らすよりも多くの報酬を得やすい

海外では、日本と同じような働き方をするだけで報酬がアップする可能性があります。たとえば2024年4月からは、ロンドンの最低賃金は日本の約1.9倍になります。また海外にはチップ文化も根付いているため、報酬の数割分もの副収入も得られるでしょう。

参考:求人ボックス「寿司職人の仕事の年収・時給・給料」

参考:厚生労働省「東京都の最低賃金は令和5年10月1日より1,113円になります」

参考:RECTERS「英最低賃金、来年4月に9.8%引き上げへ」

長い修業期間が不必要

海外の寿司屋は日本とは異なり、長い修業期間を必要としないケースが多い傾向にあります。数ヶ月程度の学習期間を経れば誰でも参入しやすく、すぐに一人前としてデビューできるのです。

女性の寿司職人ならではの強み

ここでは、女性の寿司職人ならではの強みをご紹介します。

  • コミュニケーションスキルが高い
  • 料理に対する美的感覚が鋭い傾向にある

増加傾向にある女性の寿司職人ですが、世界的にはまだ少数派です。女性の強みを生かした働き方は、新しい顧客を獲得するための有効な手段になるでしょう。

コミュニケーションスキルが高い

女性は男性と比べ、共感力やコミュニケーションが高い傾向にあります。寿司職人の仕事は料理の提供だけではなく、お客さんとの会話も含まれます。コミュニケーションによってお店の居心地の良さを作れれば、リピーターの獲得につながるでしょう。

料理に対する美的感覚が鋭い傾向にある

女性は色彩感覚や美的感覚が鋭い傾向にあるといわれています。料理の盛り付けや店内のレイアウトなどにおいて、男性では気づきにくい配慮や工夫ができるでしょう。特に女性客が多い地域では、同性ならではの感覚を生かせます。

海外で寿司職人を目指す方法

海外で寿司職人を目指すためには、海外に特化した就職・転職エージェントの活用をおすすめします。また「海外 寿司職人」「〇〇(国の名前) 寿司 求人」などのキーワードで検索すると、希望に沿った求人先が見つかるでしょう。

海外の就職ではビザの取得が必要です。ビザの種類や取得方法は国によって異なるため、候補の国の情勢やレギュレーションを確認しておきましょう。また語学力が低くても働くこと自体は可能なケースも。ただし語学力によって報酬が上下する可能性は加味しましょう。

寿司職人を目指す女性には「飲食人大学」がおすすめ!

今回は、女性が寿司職人を目指す方法や注意点をご紹介しました。寿司職人を目指す方法として推奨されているのが、専門学校への入学です。

「飲食人大学」では実技8割の現場実践型の学習を導入しており、未経験から最短3ヶ月で寿司職人としてのスキルを養えます。また就職を支援するキャリアチームが備えられており、開業支援も行っています。

「寿司職人になりたい」「海外で寿司職人として活躍したい」と考えている人は、まずはぜひ資料請求やオンライン個別相談、オンライン学校説明会から始めてみてはいかがでしょうか。